脚瘦せ

2021.07.21

ヨガのカエルのポーズの効果を検証!効果を高めるやり方とは?

カエルのポーズ(ベーカ・アーサナ)はヨガの中でも難易度の高いポーズの一つで、ストレッチによる太もも痩せの効果や姿勢改善効果などが期待できるポーズです。

本当に太もも痩せに効果があるのか?効果を実感するためのやり方とともに解説します!

INDEX

    ヨガのカエルのポーズにはどんな効果が期待できる?

    太もも痩せ効果

    カエルのポーズは太ももの前側(大腿四頭筋)がしっかり伸びる気持ちの良いヨガポーズです。

    太ももやお尻などの下半身が太りやすい方は、下半身の血液の巡りやリンパの流れが悪い可能性が高いです。

    カエルのポーズでこり固まった筋肉をほぐすことによって血液やリンパの巡りが良くなり、むくみの解消や冷え性の改善による脂肪燃焼効果が期待できます。

    大腿四頭筋は普段から意図的にストレッチしないとあまり伸ばさない筋肉なので、無理して痛めることのないよう気を付けましょう。

    姿勢の悪さ改善・肩こり解消効果

    カエルのポーズは、床に面した太ももが浮かないように手の力で押し付けることで、太もも(全面)や背筋の強化が可能です。

    丸まった背中を反らすときは背筋を使いますが、腹筋に比べて使う機会が少ない部位なので背筋力が弱まって猫背になっている方が多いです。カエルのポーズを続けることでだんだんと背筋が鍛えられ、結果的に猫背が矯正されて正しい姿勢に近づきます。

    また、カエルのポーズをするときに肩甲骨を寄せる意識づけをすることで、背中の筋肉が刺激されて血の巡りが良くなり、肩こり解消も期待できます。

    効果が実感できるカエルのポーズのやり方

    カエルのポーズのやり方
    うつ伏せの体制で足先から頭は真っ直ぐ
    足を上げる
    手で足を持ち、足を腰に引き寄せる
    お腹を床に押し付ける
    カエルのポーズのポイントはここ!

    足を腰に引き寄せるとき、太もも痩せや姿勢改善効果を実感するためにもお腹の力や背筋、太ももをしっかり意識しましょう。

    また、お腹と太ももは床に押し付け、呼吸を止めないように気を付けましょう。

    カエルのポーズは正しく行えば太もも痩せや姿勢改善効果を実感できます。効果を実感するためには、肩と首をリラックスさせた状態で5呼吸ほどやりましょう。
    ヨガの中では難易度が高い方なので、無理せず少しずつ試して見て下さい。

    カエルのポーズが太もも痩せや姿勢改善に効果的!

    カエルのポーズには太もも(前面)の筋肉に対するストレッチ効果や背中の筋肉を強化する効果があり、それは結果的に太もも痩せや姿勢の改善に繋がります。

    また、肩甲骨を意識してポーズをとることで、背筋強化の他に肩こりの改善も期待できます。
    女性らしいしなやかな太ももや綺麗な姿勢を目指して、毎日サクッとできるカエルのポーズを是非試してみて下さい!

    TO SHARE

    この記事をシェアする