お尻痩せ

2021.07.20

ヒップアップヨガ特集!お尻痩せに効果的なヨガポーズ4選

女性なら誰もが夢に見る「キュッと引き締まった上向きのお尻」をつくるのはなかなか難しいものです。ヒップアップするにはとにかくお尻を鍛えればいいというのは間違いで、実はそれだけだと効果が出づらいのです。

ヒップアップしたいなら、お尻を鍛えるだけではなく、股関節周りの柔軟性と骨盤調整が同時に必要となるのです。なぜ股関節と骨盤が重要なのか?おすすめのヒップアップヨガポーズとともに紹介します。

INDEX

    ヒップアップ効果のあるヨガポーズ4選

    針の目のポーズ

    骨盤が後ろに傾くとお尻が下がってしまうので、後ろに傾いた骨盤を調整することが重要です。

    針の目のポーズはお尻の凝りほぐしや骨盤矯正の効果が期待できるヨガポーズで、お尻の梨状筋(動きの基本となる骨盤に安定感をもたらす筋肉)をストレッチするのでお尻のコリほぐしにも効果的です。左右3呼吸キープ×3セットで行いましょう。

    ダウンドッグ足上げプランク

    ダウンドッグ足上げプランクは中臀筋に効果的

    脚を横に持っていくときに使われる筋肉が中臀筋で、この中臀筋を鍛えることができるのがダウンドッグ足上げプランクです。左右5回ずつ×3セット行いましょう。

    高速スパイダープランク

    中臀筋を鍛えてお尻をキュッと上げる

    ダウンドッグ足上げプランク同様、中臀筋を鍛えるトレーニングが高速スパイダープランクです。ダウンドッグ足上げプランクより激しめなので、繰り返し行うことで強めに負荷がかかります。10~15回×3セット行いましょう。

    花輪スクワット

    お尻に効くヨガ花輪スクワット

    花輪スクワットとはヨガの花輪のポーズを繰り返し行うスクワットで、太ももの裏が伸ばされ、股関節周りにもアプローチすることができます。

    股関節の動きの悪さが骨盤前傾や骨盤後傾をまねき、その骨盤の歪みがお尻の垂れや大きさに反映されてしまうので、花輪スクワットで股関節周りをしっかり鍛えましょう。5回×3セット行いましょう。

    ヒップアップヨガの効果を実感するために押さえておきたいポイント

    骨盤

    骨盤が開いていると内臓が落ちてしまい、お尻が横に広がってしまいます。
    横に広がるとお尻が大きく、そしてスタイルが悪く見えてしまいますので骨盤矯正をしてお尻の位置を上げていきましょう。

    大臀筋

    お尻の中で一番大きな筋肉を占めている大臀筋は、しっかり脂肪を分解することで代謝が良くなるのでヒップアップには必要不可欠です。

    中臀筋

    中臀筋は脚を横に動かすときに使う筋肉で、普段頻繁に使われているわけではないので比較的鍛えやすい筋肉です。

    中臀筋を鍛えることでお尻をキュッと上げる効果があるので、ヒップアップしたいときは中臀筋も一緒に鍛えることをおすすめします。

    ヒップアップヨガの効果で魅力的なお尻をゲット!

    お尻の形が綺麗な女性は魅力的で、できるなら自分もヒップアップしたい!と思う方は多いですが、お尻の筋トレのみ行っていても満足のいく効果は出ません。骨盤を調整するヨガのポーズ股関節の柔軟性を高めるストレッチなども同時に行いましょう。

    股関節が硬くなると骨盤が傾いてしまい、その骨盤の傾きによりお尻が垂れたり横に広がったりします。だらしないお尻から卒業するためにも、股関節の柔軟性を高め、骨盤を正常な位置に持っていけるようにヨガのポーズを取り入れてみて下さい。

    ヨガ経験者の方も初めての方も、毎日続けられるように自分に合った方法を見付けてチャレンジしていきましょう。

    【監修】
    ヨガインストラクター:yuco
    ヨガインストラクター:西畑亜美
    ヨガインストラクター:みほ
    ヨガインストラクター:rikka
    鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

    TO SHARE

    この記事をシェアする